会長挨拶

jeva015

日本小学生バレーボール連盟会長の嶋岡健治です。

日頃より、小学生バレーボール発展のために多大なるご尽力を賜りましてありがとうございます。衷心より御礼申し上げます。

先に開催されました日本小学生バレーボール連盟評議員会において、再任され平成29年度、30年度も私嶋岡が会長を務めることとなりました。どうぞ宜しくお願い致します。

一期二年間を終え、改めて思うことは小学生バレーボールの素晴らしさとその重要性です。日本のバレーボール界の発展は小学生バレーボールの発展なくしてはあり得ないと思っております。一期目は、わからないこと、戸惑うこともありましたが、皆さんに助けられ何とかその任を務めることができました。おかげ様で小学生バレーボールについても自分なりに理解することができました。二期目は「不易と流行」のバランスを図りながら、小学生バレーボール発展のためにより一層全力を尽くす所存です。

時代や社会がどのように変化しようと、バレーボールを通して「人間力」を育てようという思いは変わりません。そのためには、ど真ん中に子どもを置き、保護者、指導者、役員が一体となって主人公である子どもを支えていくことが必要だと思っております。

また一方では、時代や社会の変化に柔軟に対応し、組織強化を図る必要性を感じております。更に、時代が求める指導者の育成にも全力を注がなければならないと思っています。

これらのことを実現するためには、私共日小連役員の力だけではどうにもなりません。

都道府県小連の役員の皆さん、チーム指導者の皆さん、そして、保護者の皆さんが心を一つにし同方向に歩んでいくことが絶対条件です。微力ですが、その先頭に立って一歩を踏み出したいと思っています。ご理解とご協力の程どうぞよろしくお願い致します。

日本小学生バレーボール連盟 会長  嶋岡 健治

FM