会長挨拶

昨年10月に嶋岡前会長から急遽バトンを引き継ぎ、この度、日本小学生バレーボール連盟の会長に就任いたしました木村憲治でございます。
実は、私は本連盟会長に就任するのは2度目でございます。3年前に2か月間会長職を務めましたが、日本バレーボール協会の仕事を仰せつかり途中で退任した経緯があります。
2度目の就任ということで、今度こそ小学生バレーボール普及・発展のために心血を注いでその任に当たりたいと思っております。
本来でありましたら、就任にあたって高邁な所信を私から発するところでありますが、現在の所信は47都道府県小連役員の皆様のご意見を拝聴すること、現場の指導者の皆様、そして保護者の皆様のご要望やお考えに真摯に耳を傾けることであります。
時には、こちらから皆様へお願いすることもありますが、皆様方と私どもの関連を表す矢印は常に双方向でありたいと思っております。
そのために、様々な機会を設けてまいりたいと思っております。忌憚のない建設的なご意見を是非お聞かせください。
本連盟の根底にある考えは「ど真ん中に子どもがいる日小連」です。
言うまでもなく、子どもが主人公、こどもファーストです。
真にそれを実現するために、小学生バレーボールに関わる全ての皆様と「意識連係」に止まることなく「行動連係」にまで発展させてまいりたいと思っております。
ご理解・ご協力を衷心よりお願いし就任の挨拶といたします。

日本小学生バレーボール連盟 会長  木村 憲治

日本小学生バレーボール連盟では、応援していただける企業をお待ちしております。お気軽にお問合せください。